トップページ ≫ ソーラーフロンティアの太陽光発電が選ばれる4つの理由

ソーラーフロンティアの太陽光発電が選ばれる4つの理由

国内一貫生産による高い技術と品質

国際的に高い評価を受けた、最先端研究と技術開発

太陽光発電は、長い期間、安定して働き続けてくれることが重要です。
ソーラーフロンティアは、太陽電池モジュールの出力を保証開始期間日から20年間標準保証。さらに、所定のシステム機器※をセットでお買い求めの場合、周辺機器も10年保証いたします。



薄膜系太陽電池の世界最高変換効率を更新。
独自の研究開発を、モジュール生産に活かしています。


2014年、メーカーの厚木リサーチセンターの研究開発により、CIS太陽電池のセル(約0.5cm2)において、エネルギー変換効率20.9%となる世界記録を達成。今回の記録では、カドミウムを含む薄膜系太陽電池の世界最高変換効率20.8%をも更新し、薄膜系太陽電池の分野で世界最高の変換効率を記録しました。ここで得られた高効率化技術は、ソーラーフロンティアが誇る世界最大規模のCIS太陽電池の量産現場にも順次適用されます。

  • ※2014年4月時点
  • ※独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究結果
  • ※独フラウンホーファー研究機構(欧州最大の応用研究機関)評価結果

メーカー独自の厳しい試験をクリアした製品だけを、皆様にお届けしています。

太陽光発電システムを設置する環境は、いつも理想的な条件とは限りません。
あらゆる条件下・環境下で耐えうるモジュールを目指し、製品開発の段階から、様々な耐久性試験を厳しい条件で実施。
また、製品の品質向上や長期信頼性の確保のため、通常の認証試験に加え、より厳しい独自の試験を実施しています。出荷時には、わずかな定格出力不足も見逃さないようモジュール1枚1枚の試験を行うなど、各製造工程での検査をクリアした製品だけを皆様にお届けしています。

 

 

CIS太陽電池は第三者機関のPID試験に合格。 出力低下が無いことを確認。


ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュールは、PIDに対して高い耐性を有することを第三者機関の検証結果により確認しています。実使用条件下のPIDによる劣化の有無を確認する目的で、第三者認証機関テュフラインランドジャパンで実施したPID試験(IEC62804 Ed1.0 Draft)において、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュールは発電効率の低下が観測されませんでした。本結果は、ソーラーフロンティアのCISモジュールの高品質ならびに高信頼性を証明するものです。

PAGETOP