トップページ ≫ ソーラーフロンティアの太陽光発電が選ばれる4つの理由

ソーラーフロンティアの太陽光発電が選ばれる4つの理由

「実発電量」が高いCIS太陽電池

「実発電量※1」とは、屋根の上で実際に発電する量のこと。

実際に、太陽光発電システムを屋根に設置した状態での発電量が「実発電量」。よく耳にする「変換効率」は、モジュール温度が25℃・放射照度が1m2あたり1,000W等、一定条件下での測定値をさしています。日本で、この条件と同じ状態になるのは1年間に2~3時間程度。通常の晴天時でも太陽から届くエネルギーの量は、600~800W/m2程度です。
また、モジュールは直射日光を浴びると温度が上昇し、晴天時には25℃を上回ることがしばしば。だから、ソーラーフロンティアは、理論上の数値よりも、「実発電量」の多さを追求しています。

※1 実発電量は、お客様の設置環境によって異なります。

CIS太陽電池の「実発電量」が多い、3つの理由

真夏の晴天時、屋根上のモジュール温度は約60~80℃に達し、出力ロスが発生。CIS太陽電池は、結晶シリコン系に比べて温度係数が小さいため、高温時の出力ロスを小さく抑えられます ※2 1000W/m2照射時、最大出力温度係数 CIS(SF170-S):-0.31%/℃ 結晶系:-0.41%/℃を元としたイメージ図です。。

モジュールの一部に影ができると、結晶シリコン系の場合、モジュール全体の発電能力が大きく低下。しかし、CIS太陽電池なら安定した発電能力を発揮できます。

CIS太陽電池は、太陽光に当たると初期値に対して出力が上がるという性質が暴露試験の結果で得られています。

※3 2014年 メーカー調べ。 国富工場における実験結果に基づきます。

 

 

PAGETOP